補助金を使って耐震リフォーム耐震リフォームには、補助金が使えるんです!

「一応倒壊しない」レベル1.0以上になるように補修工事を実施することが、補助金を交付する要件となります。

 

DAIKEN 「かべ大将」

「かべ大将」を使えば天井も床も壊さないから住み替え不要・短工期 で耐震補強が行えます。

 

【1、古い壁をはがす。】

【2.パネルを貼る。】

【3.クロスを貼って仕上げる。】

 

【施工例】 かべ大将による補強箇所   1階 4箇所 ・ 2階 2箇所

 

構造計算書作成 ◇桟木取り付け

図面作成 ◇金物取り付け

補助金申請業務一式 ◇ダイライト耐震壁施工

壁補強部位解体撤去  ◇廻り子造作材取り付け

廃材処分費 ◇クロス補修

【参考工事費用】

1,641,600円 - 900,000円(補助金) =  741,600円

耐震工事のお悩みは、匠建にお任せください!

 

匠建には、

・「一級建築士」

・「愛知県木造住宅耐震診断員」

など、お家の状態や耐震必要度合いをしっかり見極めることのできる有資格者が在籍しております。
筋交いを入れるだけの簡単に施工することのできる耐震工事から、大型耐震改修まで、何でも対応させて頂けます。
面倒な補助金申請や書類作成のお手続きは、経験豊富な匠建スタッフがお手伝い致しますので、是非、お気軽にご相談ください。

着工から完工までの流れ

ご自宅の耐震性能に少しでも不安をお持ちの方は、お気軽にご相談ください。
匠建の一級建築士・木造住宅耐震診断員が、お客様のお家をしっかりと見させて頂きます。

※改修助成制度を利用するには建築士の資格を持った人に補強計画、工事確認をしてもらう必要があります。

工事にかかる費用を算出すると同時に、私どもで「配置図」、「平面図」及び「補強計算書」を作成し、市役所耐震化支援室と事前協議を致します。

建築士が作成した申請書をご確認頂きます。
宜しければ書類の申請を行い、2週間から3週間程度で交付決定通知が届きます。

※必ず工事契約・着工前に補助金交付決定が必要

交付決定通知日以降にご契約を頂きましたら、いよいよ着工でございます。

工事途中で市役所職員が中間検査にお伺い致します。

いよいよ工事完工です。
建築士が責任をもって、しっかりと最終検査を致します。
全ての工事・検査が終了しましたら、完了報告書と領収書の写しを提出致します。
最終的に補助金額が確定しましたら、確定通知が届きます。

確定通知を郵送後、2週間程度で申請者の口座に直接補助金が振り込まれます。

 

ご自宅の耐震性能に不安がある方、耐震工事にご興味のある方、是非お気軽にご相談ください。

【お客様情報】

【サービス種別】

個人のお客様法人のお客様

【ご相談種別】

ホームインスペクションリフォーム・リノベーション各種ご相談

買主様売主様その他

【物件情報】
※わかる範囲で結構です。

【階層】

平屋二階建て三階建て

【工法】

木造RC(鉄筋コンクリート)2×4

【建築業者】

ハウスメーカー工務店その他

ご相談・ご要望 どんなことでも結構です。

コンテンツ一覧

  1. しろあり対策

    ホームインスペクションでは、床下の調査をします。その際にシロアリ被害を発見することもしばしば。

  2. 補助金を使って耐震リフォーム

    耐震リフォームには、国からの補助金が90万円まで出るの、ご存知でしたか?

  3. 既存中古住宅瑕疵保証

    既存中古住宅瑕疵保証は、住宅の引き渡し後1年間または5年間の間に発生した瑕疵の補修に対して最大1,000万円まで保証いたします。

  4. 国の補助金事業

    国の補助金事業。エコリフォーム補助金制度がスタートしました。

  5. 匠建通信

    毎月、ご縁のあったお客様にはご郵送でお知らせさせて頂いております。なかなかご好評ですよ♪

PAGE TOP