調査時の使用機材【インスペクターの必需品】

住宅診断(ホームインスペクション)を実施する際に、使用する機材をご紹介致します。

【クラックスケール】

外壁などのひび割れを計測する際に使用します。


【スケール】

なんだかんだ、一番よく使う!?
各箇所の長さやサイズの計測に使用します。


【ドライバー】

各箇所の蓋や、水道メーター、点検口などの開け閉めに使用します。


【ピアノ線】

外壁、基礎のひび割れの深さを測定します。


【リバウンドハンマー】

コンクリートの強度を図る機材です。
一般的にはコンクリートは劣化によって強度は落ちません。
それでも築年数によっては劣化度合いをチェックいたします。


【レーザー水平器】

床や柱の傾きを計測します。正確な計測が可能です。


【懐中電灯】

床下や天井裏など、光のない場所で使用します。


【双眼鏡】

地上から見えづらい外壁二階部分や、屋根の状態をチェックします。


【打診棒】

外壁などに先端を転がし、音を用いて剥離や浮き・反り等のチェックをします。


【鉄筋探知機】

コンクリート内部の、鉄筋の状態をチェックします。

 

まとめ

目視検査が基本になってくるホームインスペクション(住宅性能調査)。
正確で精度の高い調査をするには、これだけ機材を使います。
ここに記載されていないものも、まだまだたくさんあります。

コンテンツ

  1. 解体工事
PAGE TOP